FC2ブログ
旅日記を中心に備忘として ..., therefore even the heart-shattering Noomanossi, even Immanala herself, is only absent Tishnar....
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ダ・ヴィンチと禁断の謎の時代
2013年08月13日 (火) | 編集 |
130813-1

FOXでやっていた「ダ・ヴィンチと禁断の謎」全8回が終わった。
レオナルドに名を借りたファンタジー・アドベンチャーではあるんだろうが、意外に登場人物の時代のトンデモは少なかった。

本シリーズの設定時期は、最初のほうで、スフォルツァが暗殺されたとあり、それがミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ(1444-1476)と思われ、最後はパッツィ家の陰謀の最中で終わるので、1476年から1478年のことと思われる(Wikipediaによる記録の空白期間とも一致)。レオナルドが男色の容疑で裁判にかけられたのも1476年。
レオナルドは1452年生まれだから25歳前後の設定。ロレンツォ・デ・メディチ(1449~1492)もジュリアーノ(1453~1478)も二十代。ドラマのロレンツォは“偉大”Il Manificoな感じが全然しないし、ジュリアーノは粗暴でうるさいだけだったが、最後の方は、(パッツィの陰謀で死んじゃうからか)結構かっこよく見せ場も多くなった。

この頃のフィレンツェはもう今見るフィレンツェみたいだったんかね? と疑問に思ったが、ドゥオーモの大クーポラのてっぺんが閉じられたのは1434年、クーポラの上のランターンが完成したのは1461年とのこと。パラッツォ・ヴェッキオやポンテ・ヴェッキオは中世にできていた。16世紀後半にできたウフィツィは当然影も形もないが、鳥瞰的景観にはあまり影響なさそう。

ドラキュラのモデルになったワラキア公ヴラド3世まで出てきて、そういう時代なんだっけ? と思ったが、ホントに1476年没だった。もちろんレオナルドが会いに行ったりはしていないだろうがw

130813-2 フェデリコ
ウルビーノ公フェデリコ・ダ・モンテフェルトロが、パッツィの陰謀に加わって、実際にドゥオーモ内で剣をふるっていたが、本当は現場にはいなかっただろうが、今世紀になってフェデリコ首謀説まで出ているというのを反映していると思われる。
また、右目の視力を失い、視野を確保するために鼻梁を削った、というセリフが出てきて、!目の間部分がへこんでいるからか! もしドラマで考えついたならスゴイ、と思ったが、実際視野確保のため鼻をカットした、という説もあるようだ(トーナメント試合で右目を失ったのはどこでも書かれているが、鼻については、そのときケガしたとあったり、言及がなかったりする)。
Cf. http://www.palazzo-medici.it/mediateca/en/Scheda_Federico_da_Montefeltro

ラスト近くでヴァネッサが瀕死のジュリアーノ・デ・メディチに、赤ちゃんが出来たと告げていたが、それが後の教皇クレメンス7世になる(母の名はヴァネッサではなくFioretta Goriniとされているが)。
ジュリアーノの愛人で有名なシモネッタ・ヴェスプッチは1476年没なので、ドラマの最初のほうで死んだはずだが、ジュリアーノがそれで悲しんだりなんだりしているシーンってあったっけ?
130813-3 シモネッタ

史実と明らかに異なるのは、ドラマではロレンツォの妻クラリーチェ・オルシーニが男子誕生のために拷問のように不味い薬だか飲物だかを飲むシーンがあり、この時点では娘しか生まれていない設定になっているが、実際には、長男のピエロ(1472生)も次男のジョヴァンニ(=教皇レオ10世。1475生)も生まれていたこと(パッツィの陰謀当時存命の娘も、ドラマより多く4人いた模様。1人は1478年1月に生まれたばかり。)。
クラリーチェは1469年にロレンツォと結婚し、以後1470年~1479年の間に10人の子を生んでいる…

また、ドラマでローマ側に嵌められて冤罪で投獄され、しまいにスパイ女ルクレツィア・ドナーティに毒殺されるジェンティーレ・ベッキは、実際には1497年まで生きたので、ロレンツォよりも長生きだったわけだ。といっても、ドラマのベッキは別の名前の人物をにモデルにしていたのだとしたら、よくわからない。

ドラマで一番かっこよかった(フィレンツェにやられるだけでなく、おじの教皇シクストゥス4世にまで殴り倒されたりして、しょっちゅう痛い目に遭っているのも萌え要素か)いつも黒衣の敵役ジローラモ・リアーリオは、パッツィの陰謀の主要関係者の1人だが、実際には現場にはいなかったらしい。『ルネサンスの女たち』などでもなじみのカテリーナ・スフォルツァのダンナだった。

ラストシーン、攻撃側に扉を打ち破られてさてどうなるか、というところでファーストシーズン終わっていたが、レオナルドもロレンツォもこの事件を生き延びたのは歴史上明らかなので、あまりクリフハンガーな気はしなかった。
レオナルドの母の行方も紙葉の書のありかも不明なままだが、歴史ものとしては区切れの良いところで終わったので、第2シーズンはいったい何をやるつもりなんだろう(もうレオナルドの生涯の空白の時期は終わってしまったわけだし)。

130813-4 レオナルドの弟子ニコは、ヴェロッキオのキリスト洗礼にレオナルドが描いたとされる天使に似ているような気がする…
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2015年6月にシーズン1を見終えた。 最初の数話を見た限りではNHKの大河ドラマのような、ある程度は史実に基づいた壮大な物語なのかと思ったがフィクションの要素が強く、過去の話なのにSF的感…
2015/07/04(土) 15:47:02 | 海外ドラマ新番組情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。